ラバーキャスト

欧米では、ゴールド、シルバーに次ぐ第三の貴金属として重宝されている素材。
この製法は短時間での小ロット生産からキャスト製品ができるのが特徴です。
シルバー、真鍮素材ではコストが合わない場合や、短期間に大量生産をご希望されるお客様にオススメです。
また、各種地金色のメッキ加工から焼付け塗装まで、幅広い表面加工が可能で、コストパフォーマンスの高い人気の素材です。

錫合金+メッキ加工、塗装加工

ラバーキャスト
メッキ加工の種類も鏡面地金色のみでなく、マット(ツヤ消し)加工やアンティーク調にも加工可能です。

錫合金+メッキ加工

ラバーキャスト
カラビナ風キーホルダーに代用ロジウムによるメッキ加工を施した製品です。金メッキやピンクゴールドメッキ、ブラックロジウムなど、ご希望の地金色にコーティングが可能です。

錫合金+メッキ加工、塗装加工

ラバーキャスト
さまざまな色で焼付塗装、メッキ加工を施したものです。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP